携帯スケジュール

遅ればせながら、携帯スケジュールの5月をUPしました。こちらです。



kenbass_face  at 23:18  | コメント(513)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! Jazz  

Finale

昨日、今日と完全OFFにしていたので、ふだん取り組めない仕事に集中している。というのも、日常レッスンで使っているオリジナル教材を見直しつつ、デジタル化しよう、とい試みだ。一日や二日でできる作業ではないが、ある程度めあすをつけたくて、譜面ソフト「Finale」と格闘している。たまにしか使わないので、簡単なこと、たとえば、コードネームの入力や音部記号を消したり等・・、でも手こずったりして。一度わかれば、早いしキレイに仕上がるので、がんばっちゃうのだが、一日8時間もマックに向かってると、この分楽器に向かってたら、なんて思ったりしつつ、でもちょうどいい具合(?)に背中を痛めていて、とても弾けないのを理由にやっぱりマックで奮闘してます。明日は外にでよう〜!

kenbass_face  at 15:47  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

「The Three Words 三つの言葉」(1)

「リズム」「メロディー」「ハーモニー」

音楽を生業(なりわい)としている以上、まず音楽の三大要素をとりあげなくてはなりません。
教師の立場からすると、この三つの言葉は教えやすいし、テストに出しやすいしですね。
しかし、どうもこんなにシンプル化していいのか?と前から少し疑問に思っていました。
確かに音楽を形成している重要なファクターではありますが、演奏者の立場からもう少し「三つの言葉」を探したいです。

実際、ベーシストとしてジャズを演奏する場合、「アンサンブルの土台をしっかり作る」ことがベーシストとしての大切な役割ですが、具体的には、(1) リズムをキープして、スイングさせる。
(2) サウンドする音を選び、ランニングする。(3) ソロパートでのインプロビゼーション。
の三点が主な柱となり、生徒にもその柱を目標として指導しています。この三点と音楽の三大要素をくらべてみると(1)はリズム、(2)はハーモニー、(3)はメロディーと合致します。
以上、そのどれかが欠けてもいい演奏はできません。しかしさらに、音楽の基本三要素に加えて、演奏する上で、最も大切な三要素があるように思います。それは、
(1)グルーブ(一体感をともなったリズム) (2)ダイナミクス(音の表情) (3)トーン(音色) です。
これらの要素が上手く絡み合って、アンサンブルの中でコミュニケーションができたとき、いい音楽が生まれるのではないでしょうか。

kenbass_face  at 17:38  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 言葉  

The Three Words 三つの言葉

The Three Words 三つの言葉
〜the principles of a tripod 三脚の原理〜

「3」という数字には不思議な力を感じます。キリスト教でいう、Trinity (三位一体: 創造主である神,神の子であるキリスト,そして聖霊は一体であるとすること) や、そもそも、物体は「縦、横、高さ」の3次元で構成されている、ということ、また、音楽でいうリズムも原始的には三拍子がはじまりだった、と読んだこともあります。三拍子といえば、よく「あの人は三拍子そろってるねえ。」なんて使い方もしますね。四角形だって、三角形が二つでできていますし、二本足では不安定なものも、三本あれば安定します。それが、三脚の原理です。
現代の様々な情報や思想の中で、自分自身複雑なことをいかにシンプルに捉えていくか、というのがここ10数年の課題でもあり、興味の尽きないことでもあります。実際、様々な分野や世界でも以外と大切なことは「○、○、○」とシンプルに三拍子で表現していることが多く、そんな日常の「The Three Words 三つの言葉」を不定期ではありますが、思いつくままにこのBlogでもとりあげてみたいと思っています。これは、系統立てた哲学や思想ではありませんし、あくまでも雑記ですが、ご意見、ご感想、おしかり、励まし、アイディア、なんでも結構ですので、コメントいただけるとうれしいです。


kenbass_face  at 17:29  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 言葉  

サイコクジャズフェスティバル

GW中なので、渋滞も心配しましたが、お昼前には吉岡さんと共に順調に現地に入ることができました。前のりの大隅さんと太田剣asと合流。サウンドチェックののち、いよいよ本番。太田くんもファンキーなサックスを聞かせてくれ、名手吉岡さんもそしてリーダー大隅さんも大熱演!満員の観客も大興奮。我慢できなくなった中年女性が思わず舞台へ!太田君に抱きつくのかと思いきや、大隅さんの後ろに回って何か耳元で叫んだところで、スタッフに退場させられた。後で何を言っていたのかと聞いたら、「ジョージ川口さんみたいで素敵!」だったそうです。故ジョージ川口さんの大ファンだったそうです。数年前、ここ埼玉国際でジョージ川口BIg4に日野皓正tpさんが飛び入りしたステージを故日野元彦さんと一緒に楽しんだのを思い出しました。今年で20回の「サイコクジャズフェスティバル」。今年もいい想い出ができました。

kenbass_face  at 15:53  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

埼玉国際ジャズフェス

昨日の東京ホームコーラスとの共演は、音楽の原点「うた」に浸ったとても有意義な一日でした。高校時代、合唱部に所属していて、その指導教諭が国音の先輩であり、東京ホームコーラス出身で、年一回の女子校との定演ではそのまねごとをやっていました。そんな意味でも懐かしく、またとても大切な原点に触れた気分です。次の仕事のため、そそくさと退散せざるを得ませんでしたが、お疲れさまでした!呼んでいただきありがとうございました。
さてさて、今日は「サイコクジャズフェスティバル」です。ひさびさの古巣、大隅トリオ。ピアノは吉岡秀晃、サックスに太田剣の面々。対バンには阿川泰子グループです。6:00開演。そろそろ吉岡秀晃さんと行ってきま〜す。


kenbass_face  at 08:53  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

第一生命ホールにて(3/3)

050430-193355.jpgこんな感じのホールでした!今は無事終え、次の店です。今晩は六本木のMistyで演奏してま〜す。


kenbass_face  at 19:31  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

第一生命ホールにて(2/3)

050430-142056.jpg[リハ]
出番は三部。しかしいいホールだなぁ〜。


kenbass_face  at 14:18  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

第一生命ホールにて(1/3)

050430-141822.jpg[楽屋]
こんないい楽屋をもらって、ひとり練習開始!


kenbass_face  at 14:15  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

ガツガツ祭り

ゴールデンウイーク突入とともにはじまった、Hot Houseのガツガツ祭り。昨夜は大金山で初日。あと16日間つづくそうです!例年のカツカツのとんかつでなく、今年はハムかつはじめ(あきさん、今年から日ハムファンだそうです・・。)、いろいろなものが食べ放題。昨夜も鹿児島からお客さんが来ていましたが、この期間、全国から集まるようです。なぜか大金山で「処女航海」なんかが飛び出し、丸20年を迎えたHot Houseは昨夜も元気でした!

kenbass_face  at 07:51  | コメント(506)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! Jazz  

Rag Time

連休前夜、ということでしょうか、人がたくさん街にくり出してました。昨夜のRag Timeも満員御礼の白熱ライブでした。
いかにもふらっと入ってきたお客さんに「失礼ながら、これで生活するのは大変でしょう?」と言われ、「・・?」。「いや、一応これだけで18年くらい食べてますけど。」と答えておいた。まったく失礼な奴もいるもんだなあ。初対面の相手に「年収いくら?」と聞いてるようなもんだよな。Jazzは儲からない?という印象があるのかな。まあ、確かに儲けようと思ってやってないけど、年収うん千万の人だっていますからあ〜、残念っ!
ある小学校に訪問演奏にいった友人のミュージシャンが、「じゃあ、、みんな!最後に何か質問ある人!」って言ったら、「は〜い。」「こんなことしてて、食っていけるんですかあ〜」だって。画一化された日本の学校教育を憂います・・。

kenbass_face  at 12:23  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! Jazz  

studio FOUR

巣鴨にあるstudio FOURは、ピアノの田村くんの自宅に近いという事もあり、何度かリハーサルに使わしてもらった、思えばトリオの出発点のひとつです。そこのオーナーでもあり、ベーシストでもある西島さんの主催で、初Ken's TrioのLive.。巣鴨に近いということで、とげぬき地蔵の商店主の方も来られていて、ライブ後、その変遷を伺いました。そのお寺の経営問題からはじまった、とげぬき地蔵の御利益。出店から商店街を巻き込んでの計画は、「おばあちゃんの原宿」となった今、およそ、20年かけての大プロジェクトの成功例ですね。話はstudio FOURでのジャムセッションになり、とげぬき地蔵を見習って、何か特殊なセッションを企画したらどうか?たとえば、吹きはじめて良くなかったら、上からたらいが落ちるしかけを作るとか・・etc.そんなたわいもない話をしながら、穏やかに夜も更けていきました・・。


kenbass_face  at 10:16  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

GH9

昨夜は上野GH9、(ミュージシャンはゲーハーナイン、とドイツ語、英語読み混合で読む?--それ以上の説明はメールでお問い合わせください。)で、岡安芳明gトリオ、ドラムスに小原哲次郎さん。60代の小原さん、最近練習する時間がたっぷりあってとても充実している、との事。確かにスピードといい、スティックさばきといい、練習の賜物のようなプレイ。キャリアを積んだだけではなく、常に前向きな姿勢には脱帽です。大人の色気炸裂でした。ご近所さんなので、送って帰りましたが、スタジオ付き邸宅のガレージには今ではクラッシクッカーとなった「いすず117クーペ」。直し直し、25年も乗っているそうです。何ともすごい人です。


kenbass_face  at 14:37  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

5月のLive Info.

遅くなりましたが、五月のライブの告知です。HPのLive Info.にもUPしますが、一足お先に・・。中旬、岡安芳明gトリオで東北何カ所か行きます!続きを読む

kenbass_face  at 11:23  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

リハ〜NARU

昨日は、午後、来週の4/30(土)第一生命ホールでの東京ホームコーラス定期演奏会に賛助出演するためのリハーサルがあった。十年以上前には北海道の芦別(富良野の先)等での合唱行脚の伴奏で呼んでもらい、その後、定期演奏会にも出演させてもらったのですが、それ以来久しぶりの共演です。国立音大出身者が多いこの合唱団の幹部の方々とは、ぼくが教員やっていた頃も含めておつき合いさせてもらっていたのですが、国立音大、玉川大学の教授をはじめ、声楽家、音楽の教員等、プロ集団です。その音楽性、芸術性、エンターテーメント性は創立以降40年以上も脈々と続いており、音楽の原点を常に見つめている素晴らしい合唱団です。合唱の伴奏をピアノ、トランペットと共にするのですが、昨日行ったら突然、「ダニーボーイ」を一曲アルコでソロをとることになっていて、急にプレッシャーです・・。キャパ800くらいのホールですよ、ジャス弦からクラッシック弦に張り替えようか、なんて考えてますが、どうしよう。
そんなこんなで、お饅頭をいただきながら和やかにリハも終わり、お茶の水NARUへ。日曜ですが、お茶の水は賑わってました、もちろんお店も。マリテスvoとの共演も回を重ねるたびに良くなっているように思います。マリテスの関係で歯医者の先生が多数来て下さり、喜んでくれてました。ジャズにはまってくださいね!






kenbass_face  at 10:20  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

高崎 'K 'Note

昨夜は岡安芳明gトリオ、井川晃dsで高崎へ。群馬の応援団長、大塚夫妻の主催ライブだった。まだ新しい'K' Noteは地元ミュージシャンがセッションに集まるお店で、マスターもサックス奏者。いいスペースでした。ここはどこ?という状態はよくあるが、盛岡からサンライズマン夫婦、東京からはカメラマンのさとちゃん、お店をコディネートしてくれた渋川の渡丸ご夫妻etc.。岡安さん応援団は場所がたとえ北海道だろうが、岐阜だろうが集まるところがすごいです・・。楽しいライブでした!


kenbass_face  at 10:13  | コメント(4)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

鎌倉 ダフネ

行って来ました、ダフネ。今日のメンバーは塚元一美vo、今田あきらp。先月お父さんの今田勝さんとご一緒したばかりで、今日はほぼ同じ年の息子さんとの初共演。いろいろ出ている店やよく仕事している音楽事務所も共通してるのに、一緒にやるのははじめて。すれ違いの多いミュージシャン業界の中で、うれしい事です。いろいろなプレーヤーと接点を持って思うのは、それぞれ独自のフィールドを持っていて、ひとり一人が自立していて、ミュージシャンとしての生き方はミュージシャンの数だけあるんだなあ、ということ。ある意味一匹オオカミだったり、個人事業主だったりするのだけど、独自の世界を築きつつも、常に開いていたい、ですね。



kenbass_face  at 01:41  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

写真(2/2)

いよいよ大喜利!マスターの登場!
050421_02

kenbass_face  at 12:04  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

写真(1/2)

宇都宮在住の古い友人田辺くんより写真が届いたのでUPします。
ギタリストで会社社長、双子の父である彼のBlogもおもしろいですよ!
写真は岡安芳明g,高橋幹雄dsです。

050421_01

kenbass_face  at 11:57  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

宇都宮 近代人

久しぶりに行ってきました、近代人。今年は45周年だそうです。すごいなあ、ぼくが生まれる前から店があるんですね。マスター66歳、最近トランペットもはじめたらしく、「黒いオルフェ」を練習してるそうです。現場に一度でも居合わせたことがある方はその白熱した雰囲気がわかるでしょうが、昨夜もマスター参加(マラカス)の「黒いオルフェ」が炸裂!およそ一年半ぶりの共演でしたが、マスター健在でうれしいです。トランペットが聴ける日がくるのも近いかも・・。

kenbass_face  at 09:17  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!